記事一覧

オリンピックのサッカー選手が好きな腕時計おすすめブランドおすすめ

「スカーゲン」は1989年に誕生したデンマーク発のファッションブランド。ブランドスーパーコピー腕時計・スマートウォッチ・ジュエリーなどを取り扱っており、北欧ブランドらしいスタイリッシュなデザインから日本でも高い人気を集めています。

スカーゲンのビジネス腕時計は、軽量なチタンを使った薄型モデルが豊富。価格も比較的リーズナブルなので、ぜひチェックしてみてください。

スカーゲン(SKAGEN) GRENEN チタン&ブラックスチールメッシュウォッチ T233XLTMN

高級感のあるチタン製ケースを採用したビジネス腕時計です。6時位置には日付表示用の小窓を配置。過度な機能や装飾を削ぎ落とすことで、厚さ8mmという薄いボディを実現しています。

文字盤のブルーと、ケースやステンレスメッシュベルトの色のコントラストが魅力。シンプルな数字のインデックスは視認性がよく、使い勝手は良好です。

チタン製の腕時計としては価格が比較的安いのも魅力。ジラール・ペルゴ ロレアートビジネスシーンでもプライベートでも使えるおしゃれな腕時計が欲しい20代の方におすすめです。

スカーゲン(SKAGEN) HOLST クロノグラフ ブルーレザーウォッチ SKW6653

光の当たり方によって虹色の光沢を放つマザーオブパールの文字盤を使ったメンズ腕時計です。文字盤の中央には3つのクロノグラフを配置。3時位置にはブランドロゴを配置し、左右非対称のスタイリッシュなデザインに仕上げています。

ケースの素材には上品な光沢を備えたステンレスを採用。深みのあるブルーの革バンドは肌触りがよく、腕に心地よくフィットします。

防水性能は3気圧防水。ビジネスからプライベートまで使えそうな、汎用性の高い製品です。

オリンピックの水球選手が好きな腕時計おすすめ


グランドセイコー、SBGK009。

お値段の方は、935,000円。

エレガンスコレクションというだけあって、非常のエレガントな趣の手巻きモデルになります。

手巻きモデルということで、シースルーバックになった裏蓋からは、綺麗に仕上げられたムーブメントの動きを鑑賞することができますよ。

グランドセイコーでは珍しく、9連になったブレスレットは、しなやかに手首にフィットするため着け心地はかなりよさそうですね。

搭載されるキャリバー9S63 は、グランドセイコーの手巻機械式ムーブメントとしては8 年ぶりに新開発されたキャリバーということで、かなりの力の入ったモデルではないでしょうか。

39mmのケースサイズも絶妙です。


ロレックス、サブマリーナー。

お値段の方は、1,550,000円。

2020年4月正規店購入の未使用品ということで、状態は申し分のないコンディションですね。

サブマリーナーと言えば定番ではありますが、ロレックス腕時計専門店イエローゴールドとのコンビモデルということで高級感がプラスされ、夏の日差しには一層、映えるのではないでしょうか。

オールステンレスのモデルは、街中でも着けている方を見かけることは多いですが、コンビモデルとなると遭遇率もぐっと下がりますからね。

正規店ではまだまだ入手困難なロレックスのスポーツモデル、この夏にいかがでしょうか。

ロレックス GMTマスターII 一覧


◆ 技術仕様 ◆

型番:126710BLNR

ケースサイズ:40mm

ケース素材:904Lステンレススチール

文字盤:ブラック

ストラップ:3連オイスターブレスレット

防水性:100m防水

ムーブメント:機械式(自動巻き)、Cal.3285クロノメーター

機能:時・分・日付、GMT、セーフティキャッチ付オイスターロック、イージーリンク(約5mmのエクステンションリンク)
上記のペプシ(青赤)ベゼルと同様にバットマン(黒青)ベゼルにも待望の3連オイスターブレスレットが登場しました。

セラミックベゼルのバットマン(黒青)ベゼルは先代モデルにあたるRef.116710BLNRにおいてもラインアップされていたことで、3連オイスターブレスレットを希望していたユーザーはあえて旧型といった選択肢がありました。これにより生産終了していたRef.116710BLNRの価格が上昇していた経緯もありました。

今回、現行モデルに待望の3連オイスターブレスレットが登場したことで、あえて先代モデルを狙う選択肢は薄まるでしょう。
いかがでしたか?

今回は当店ジャックロードで取り扱いしているロレックスの2021年新作モデル情報をご紹介しました。

ロレックスの新作は毎年、話題になりそれにより相場が大きく変動するのが特徴です。2022年の新作ロレックスは果たしてどのようなモデルが発表されるのでしょうか?新たなニューモデルが発表されることを期待したいですね。

今後も新作ロレックスが入荷次第、情報を更新して参りますのでお見逃しなく!

【関連記事】:時計ベルトのリーディングカンパニー

オリンピック射撃選手が好きな腕時計

1853年にスイスで創業した老舗。ヨーロッパでは日本でいうところの『セイコー』『シチズン』並みに知名度が高いメジャーブランドだ。そんな『ティソ』が近年、自信を持って打ち出しているのがこちらの「ジェントルマン」シリーズ。ロレックス 偽物腕時計の真を突いたような圧倒的普遍性を纏う40mm径のルックスに、80時間のロングパワーリーザーブ、そして磁力の影響を抑えるシリコン製ヒゲぜんまいであるシリシウムを備えたムーブメントを搭載しており、機能性においては同価格帯の中では頭1つぬきんでている。傷防止加工無反射コーティングドーム型サファイアクリスタルの採用による、視認性の高さも売りだ。なお、こちらはアンスラサイト(グレー)の文字盤を備えた日本限定モデル。スーツ、カジュアルを問わず品格を宿してくれるカラーは、1本持っておいて損はない。

アドルフ・ランゲ氏に代表されるように、ドイツから輩出された高名な職人は数知れず。そのドイツの質実剛健な面を色濃く体現するブランドが『ジン』だ。航空飛行の極限状態を想定して作られた精度の高いアイテムが特徴で、ツールとしての腕時計にこだわり続ける一本気な姿勢には根強いファンも多い。「556」は『ジン』の入門機として名高いモデルで、簡素なブランド表記や一切の無駄を排したインデックスが特徴的。カルティエ 時計 修理シースルーバックながら200m防水を実現している点にも注目したい。

『フレデリック・コンスタント』は“ごく限られた一部の時計愛好家だけでなく、高品質の時計をより多くの方々に楽しんでいただくこと”をブランド理念に掲げ、高品質かつ価格帯を抑えたラインアップを展開し続けている。中の機構が正面から楽しめるハートビート仕様の「カレ」は、レクタンギュラー型ケースのクラシックで端正な顔立ちが腕時計にこだわりのある男を演出する定番中の定番。緻密なギョーシェが施されたホワイトのダイヤルと、控えめながら洗練された青針のコントラストも実に美しい。

父の日オリンピック 近代五種競技選手が父の腕時計を贈る

 セイコーは、優れたクラフトマンシップをもちながらも、手の届きやすい価格帯の製品を提供することで知られている。その伝統を受け継いでいるのが、琺瑯ダイヤルをアイコンとしたコレクションだ(これは、海外ではエナメルコレクション " 力 "として知られている)。この、プレザージュ SARW055とSARW057は、真っ白なホワイトとリッチなブルーのエナメル文字盤を採用しており、プレザージュコレクションに新たな価値をもたらした。エナメル技法と文字盤のミニマルなデザインは、日本の職人技にインスパイアされたもので、セイコーの新作として魅力を存分に発揮している。


ファースト・インプレッション
 セイコーがプレザージュコレクションにエナメルを採用したのは今回が初めてではないが、今回の新製品はデザイン的に新しい試みがある。通常、私はセイコー プレザージュのデザインを思い浮かべるとき、ローマ数字インデックスが、よりヴィンテージ風のレイルウェイ・ミニッツトラックと装飾された秒針とのバランスを補完していると考えている。従来のプレザージュモデルが伝統的スタイリングを踏襲していたならば、この新作では、よりミッドセンチュリーモダンの雰囲気に傾倒しているだろう。

 本機はシンプルな長方形のマーカーが特徴で、時のマーカーは太く長く、分マーカーは軽く短くなっている。これらの "新しさ "は、日本を代表するデザイナー、渡辺 力氏のミニマルクロックのデザインからインスパイアされている。マーカーから針に至るまで、彼のデザインを大きく取り入れて、そのインスピレーションは時計自体にも見事に反映されていると言わざるを得えないだろう。


渡辺 力の時計(左)とセイコーの新製品「プレザージュSARW055」(右)を並べてみた。

 琺瑯ダイヤルは、エナメル職人の横澤 満氏によるもので、この価格では他では見られない豊かさを時計に与えてくれる。SARW055とSARW057は、クラシックデザインの伝統に深く根ざしながらも、あからさまにではなく、モダンな雰囲気を醸し出している。二重にカーブしたサファイアクリスタルとシンプルな秒針、39.9mmのサイジングに至るそれぞれのディテールが、ヴィンテージ感を演出しモダンデザインと十分なバランスをとっている。

 全体的な文字盤のレイアウトは、視認性が良いうえ創造的な表示を採用しているため、見慣れているセイコーのデザインではある。9時位置にはパワーリザーブインジケーターがあり、6時位置には、カレンダーの日付表示用サブダイヤルが配置されている。白のバージョンは、時、分、秒針に青が使われており、青ダイヤルがその反対で白いアクセントが使われている。両方の時計は、釉薬付きのコードバンストラップが付いており、さらに全体的なデザインを現代的な方向に向けている。セイコーは常にシンプルさ、デザイン、日本の最高のクラフツマンシップを提供するメーカーだ。プレザージュコレクションに追加されたこれらの新作で、セイコーは再び良作を発表したと言える。

【関連記事】​​​​​​​: 最新の人気腕時計- 新商品- 最新情報を発表します。

オリンピックの現代五種の選手が好きな腕時計です。

DIESELの「MASTER CHIEF」はクラシカルなデザインで、大人カジュアルな印象を演出できる腕時計です。若い世代を中心に人気のDIESELですが、落ち着いたデザインのアイテムなので年配の方でも違和感なく使いこなすことができます。

また、3時の位置に付けられたリューズガードには、さり気ないブランドロゴが光ります。ダークブラウンのレザーベルトは使うほどに手に馴染み、男心をくすぐると好評です。

しかし、このアイテムは並行輸入品なので、ショップに入荷の時点で商品タグが付いていない可能性があります。DIESEL専用のギフトボックス、取り扱い説明書は添付していますが、ギフトとして気になる方は実店舗で購入しましょう。


スカーゲンのクロノグラフ腕時計は、シンプルなデザインのなかに見える繊細な美しさと、北欧デンマークならではのモダンなスタイルが魅力的です。身に着けやすさにこだわり、素材も薄く軽くできているので価格も比較的リーズナブルとなっています。

余計なデザインは一切加えず、シンプルで見やすい時計を追求したデザインは、トレンドに左右されず長年使用することができます。防水性も優れているので雨の日でも安心です。

スタイリッシュなデザインは若い世代からご年配の方まで、どの世代の方が着けても違和感がありません。スカーゲンは、シンプルなファッションを好む方に贈るプレゼントとしておすすめの一品です。


【関連ブランド】:オメガ時計 メンズ

高級万年筆のモンブラン? いえいえ、こんな超弩級の腕時計も作っています


2021/04/12
高級時計の買い方・選び方
高級万年筆のモンブラン? いえいえ、こんな超弩級の腕時計も作っています
Facebook Twitter 友だち追加
難解極まりない超複雑な機械式時計の仕組みを“優しく”解説する『超弩級 複雑腕時計図鑑』がMEN’S EX特別編集によって発売に。ここでは、その中身をピックアップしてご紹介する。

MONTBLANC(モンブラン)
モンブラン スターレガシー メタモルフォシス
リミテッドエディション8
2つのコンプリケーションがレバーの操作で文字盤に出現
p88-89_main
SPEC INFORMATION
特殊コンプリケーション「メタモルフォシス」の最新バージョン。特許取得のエグゾトゥールビヨンを搭載する。ケースサイズ:50㎜ ケース素材:18KWG ストラップ:アリゲーター 巻き上げ:手巻き 搭載キャリバー:Cal.MB M67.60 防水性能:3気圧 振動数:毎時1万8000振動 パワーリザーブ:約50時間 ムーブメントのパーツ数:718個 石数:61石 ムーブメントの直径:45㎜ ムーブメントの厚さ:12.87㎜
価格:2408万2500円(時価)
問:モンブラン コンタクトセンター
TEL:0120-99-8291

2つの異なる表情を実現する革新的なシャッター機構
2010年、5年の開発期間を経て誕生したモンブランのコンプリケーションモデル「メタモルフォシス」。その最大の特徴は、文字盤上のシャッター開閉システムにより、2つの異なる“顔”が楽しめることにある。そして最新作「モンブラン スターレガシー メタモルフォシス リミテッドエディション8」では、新機構の採用でさらなる表情を手に入れた。

シャッターを閉じた状態のこのモデルでは、文字盤の12時位置に、18本のチラネジを備えるロジウムコーティングされたテンプが顔を覗かせる。カルティエ 時計また6時位置では、デイ/ナイト仕様の24時間スケールに囲まれたドーム型の地球儀が、常に回転しながら北半球側のワールドタイムを表示する。

ところが、ケース左のレバーをスライド操作することで、とたんにその表情が一変。テンプの下にはトゥールビヨンケージが現れ、モンブランの特許機構「エグゾトゥールビヨン」の全貌があらわになる。これはケージの外側にテンプを置くことが可能なエグゾトゥールビヨンの独自構造により実現したものである。

さらに6時位置のワールドタイムは、ドーム型の地球儀はそのままに、個性的なムーンフェイズへと早変わり。24時間スケールはアベンチュリンの星空に浮かぶリアルな月となり、地球から空を見上げたときの月の位置を確認することができる。しかもこの立体構造のムーンフェイズは、122年に1回調整するだけで常に正確な月の位置を示し続けるのだ。

これら華麗な“変身”をかなえるシャッター機構は、ミネルバ社の伝統技術を受け継ぎ、モンブランが自社開発したもの。シャッター機構だけでじつに320ものパーツが投入されている。一方、操作性がシンプルなのも特徴であり、ワールドタイムの設定・調整は、プッシュボタン一体型のリューズ1本ですべて行えてしまう。あらゆる面で革新的なコンプリケーションということができるだろう。


【関連記事】:20歳男性が好きなロレックス腕時計TOP 5