記事一覧

NAOYA HIDA & Co.【2021 新作】ムーンフェイズを搭載した、注目の最新作「NH TYPE 3A」

NAOYA HIDA & Co.の最新作は、初めて時・分・秒以外の機能を与えた「NH TYPE 3A」だ。18〜19世紀につくられた懐中時計を彷彿とさせるムーンフェイズを6時位置に配し、37mmという控えめなサイズの中にディティールを凝縮させた。



NAOYA HIDA &Co.「NH TYPE 3A」
手巻き(Cal.3021LU)。18石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約45時間。SS(直径37mm、厚さ10.7mm)。5気圧防水。264万円(税込み)。


極限まで大型化されたムーンフェイズ
 NAOYA HIDA & Co.は2021年の新作として「NH TYPE 3A」を発表した。ロレックス腕時計ラクマ同社は時計・宝飾業界での長い経験を積む飛田直哉氏が2018年に創業した、ごく少数の高級時計を手がける日本の新しい時計ブランドだ。スモールセコンドを持つ「NH TYPE 1」に始まり、センターセコンドを配した「NH TYPE 2」を製作。それぞれは幾重にも改良を重ねながらアルファベット順にモデル名が更新され、各10本前後の限られた本数を製作してきた。

 今回発表された「NH TYPE 3A」は同社で3番目となるモデルであり、初めて時・分・秒以外の機能を搭載した。時分針+ムーンフェイズというシンプルな構造を採用し、18〜19世紀に製作された懐中時計を彷彿とさせるディティールを持っている。



6時位置に配されたムーンフェイズは極限まで大型化し、18Kイエローゴールド製のディスクを採用する。下方向まで大胆にくり抜かれた窓から顔を覗かせる月や星々は、全て手作業によるエングレービングで表現されている。ムーンの顔は、芸術家・岡本太郎氏の作品を彷彿とさせる。
 それに加えてダイアル上に11個配されたローマンインデックスも手作業によって彫られている。これまで同様、彫った部分に合成漆(カシュー)を流し込み、微細なブラスト処理を施したダイアル表面とのコントラストが際立つ、独特な仕上がりだ。



多くの時計の3倍近い厚みを持つ洋銀製ダイアルの上で、一層目を引くブルースチールの針は、非常に丸みを帯びた造形である。針の製作はプレス加工が一般的だが、本作の針は立体感を持たせるために切削によって加工され、一般的なものに比べて2倍以上の厚さである。視認性を高めるため、分針の先端が曲げられていることにも注目だ。

37mmのケースに職人技を凝縮
 直径35mm以下が一般的だったヴィンテージウォッチと比較すると、わずかに大型化された直径37mmのケースは、世界最高峰レベルの微細加工機を用いて製造されている。1930年代から60年代につくられた時計のデザインを取り入れたフォルムを持ち、曲面を描く新設計のベゼルを備えた。ソリッドなケースバックは、厚さを抑えるためスナップ式を採用する。



これまでにも同社の時計に用いられ、本作にも使用されているSUS904Lステンレススティールは、時計の外装において理想的な高い耐食性を持つ素材である。時計スーパーコピー高価で加工が困難であるため、この素材を積極的に採用するメーカーは少ないのが現状だ。

 数ミクロンの精度で切削され、ステップ構造のベゼルや掘り込まれたロゴなど、複雑な形状を作り上げることに成功した。

愛好家に響く巻き心地
 本作に搭載されているムーブメントは、これまでのモデル同様ETA7750系をベースとしながら独自のカスタマイズを加えている。クロノグラフと自動巻き機構を完全に取り払い、新たな輪列受けやコハゼを組み込んだ。コハゼには後退式を採用し、ヴィンテージの高級機のような、確かなクリック感を持つ巻き心地を楽しめる。



写真は「NH TYPE 1C」に搭載されているキャリバー3019SS。基本的な設計は共通で、スモールセコンドを除き、ムーンフェイズ機構を付加したのが、今作に搭載されるキャリバー3021LUだ。
 また本作では、ETA7751に搭載されているムーンフェイズ機構を採用しているため、ディスクは59日間で1回転し、リュウズを1段引き出した位置で調整する。

アルカンターラのストラップを採用
 クラシカルな外観を持つ時計本体に合わせられたストラップは、時計用のストラップを数多く手がけるフランスの革製品メーカー、アトリエ ジャン・ルソーのものを採用している。デイトナ スーパー コピー表は明るいブルーカラーのアルカンターラで、裏面はベージュカラーのカーフレザーだ。時計本体が持つ、柔らかな雰囲気と非常に相性の良い質感である。



「NH TYPE 3A」は、オーダーに応じて5点から10点のみが製作される予定で、予定販売数を超えた後は改良を加えた「NH TYPE 3B」に移行するため、入手困難な希少性の高いモデルである。

 実機を触接見る機会は極めて少ないのが現状だが、興味のある方には一度目にしていただきたい逸品だ。美しい写真が投稿されている、同社のSNSをこまめにチェックするのも良いだろう。

魅惑のカラーダイアルの世界へようこそ~

腕時計と言えば、普通は黒い文字盤か白い文字盤を選んでしまいますよね。

ずっと着けるものならなおさら、あまり冒険はしたくないものです。

ロレックス腕時計 レディースとはいえ、普通じゃ満足できないという人も世の中にはいるもので、今回は魅惑のカラーダイアルの世界へようこそということで、白、黒以外のカラー文字盤の時計についておすすめのものを紹介したいと思います。

もうすぐ春ですし、文字盤の色を変えることで、気分も一新しますよ。

ロレックス ミルガウス

1本目は、ミルガウス Z ブルーダイアル。

お値段の方は、 876,700円。

鮮やかなブルーのダイアルのミルガウスは、復刻されたミルガウスの中では、今のところ一番最後に発売された比較的新しいモデルになります。

復刻された当初は、グリーンサファイアクリスタル仕様のGVが、アニバーサリーモデルということで、すぐに廃盤になるのでは?なんて憶測も飛び交っていましたが、現在ではまさかのGVのみ残るという・・・。

しかも、この新たなモデルも追加され、定番ラインと思われた白と黒の文字盤がディスコンという、なんとも予想できなかった状況でございます。

もの凄く綺麗なブルーなので、是非、実物を見てくださいね。

ロレックス オイスターパーペチュアル

2本目も、ロレックスからオイスターパーペチュアル。

お値段の方は、599,500円。

オイスターパーペチュアルは文字盤のカラーも豊富で、なおかつ、現行ロレックスのモデルの中では、比較的価格も抑えられていますので、少し冒険したカラーダイアルをチョイスできるかもしれません。

中でもおすすめなのが、こちらのレッドグレープダイアル。

時計の文字盤では、あまり見かけないカラーですが、それだけに、目立ち度は満点ではないでしょうか。

室内ではダークに発色するので、それほどの派手さもなく、意外とシックに着けこなすことができるのではないでしょうか。

パネライ ラジオミール

3本目は、パネライ ラジオミール。

お値段の方は、1,298,000円。

ダークブラウンの渋い文字盤が映えるシンプルな文字盤に、極厚なレザーストラップが男らしい、パネライのラジオミールシリーズ。

レザーストラップと統一されたカラーは、落ち着いた雰囲気で、意外にもスーツにも似合うと思われます。

ケースサイズも45mmと、パネライらしい大きなサイズですね。

ケースの素材にはチタンが採用されておりますので、重さも気にならないことでしょう。


ラドー キャプテンクック

4本目は、ラドー キャプテンクック。

お値段の方は、231,000円。

グリーンの文字盤が爽やかな、ラドーのダイバーズウォッチ。

まさに魅惑のカラー文字盤にふさわしい1本ではないでしょうか。

ラドーと言えば、個人的に気になっているブランドで、比較的お手頃な価格帯でかっこいい時計を数多くラインナップしていることから、初めての機械式時計としてもおすすめの1本でございます。

しなやかに手首にフィットしそうな7連ブレスレットも、クラシカルな雰囲気でいいですね。

グランドセイコー

5本目は、グランドセイコー。

お値段の方は、700,000円+税。

日本の四季の中でも最も色鮮やかな「秋」をテーマにしたとのことで、限定モデルだそうですよ。

真っ赤な文字盤は紅葉をイメージしているとのことで、夏から秋にかけて日本の山々に見られる季節の移り変わりを表現しております。

そう言われると、とても新鮮に感じるのは私だけではないはずです。

オリス アクイス

6本目は、オリス アクイス。

お値段の方は、297,000円。

シルバーダイヤルが落ち着いた雰囲気のオリスのダイバーズウォッチ。

やはり、オリスの時計は値段とのバランスがいいですよね。

個人的な好みでしょうか、どうしてもダイバーズウォッチを選んでしまいます。

シルバーダイアルは、黒と白の間のような色合いで、カラーダイアル初心者の方にも、わりと受け入れられやすいカラーかと思われます。

ケース、ブレスレットともにチタン製で、見た目ほどには重さも感じないのではないでしょうか。

シックな色合いなので、スーツにも合わせやすく、オンでもオフでも活躍してくれると思います。

黒を纏ったミニット・リピーター

ただでさえ気が遠くなるような工程を経て完成にいたるミニット・リピーターだが、さも当たり前のように複数の機構と組み合わせてしまうパテック フィリップの技術はもはや神業。

昨年行われた「ウォッチアート・グランド・エグジビジョン・シンガポール 2019」の記念として12本限定で製作された「Ref.5303」は、ミニット・リピーターにトゥールビヨンと2つの超複雑機構を搭載。パテック フィリップでは初となる文字盤側からチャイム機構を鑑賞できるタイムピースとして話題を集めた。


「ミニット・リピーター・トゥールビヨン 5303」18KRGケース、42mm径、手巻き。時価/パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109
この度、現行コレクションに迎えられた「Ref.5303」は、前回の鮮やかな赤で彩られていたアワーサークルと打って変わり、ブラック塗装のサファイヤクリスタルを採用したアワーサークルにすることで落ち着いた印象に。



ケースの側面やラグ、ケースバックには、独創的なホワイトゴールドの彫金が施されている。
もうひとつの特筆すべき仕様の変更点は、Cal.R TO 27 PSをより美しく眺められるように、ムーブメントの一部を切り抜くことで形状を整えたことにある。表と裏から、2つの超複雑機構を望める至福の時間を届けてくれるのだ。



超がつく複雑な設計を持つCal.R TO 27 PSは、美しさにおいても圧倒的。
ちなみに、パテック フィリップ社長のティエリー・スターンが音色をはじめ、納品前に自らミニット・リピーターの品質を確認する作業は、その世界ではよく知られた逸話である。そのお眼鏡に叶った一本は、ため息級の仕上がりだ。

壮大なスケールで贈るパテック フィリップ渾身のグランド・コンプリケーション三部作。深遠なる複雑機構の世界は、機械式時計を巡る旅に終わりがないことを教えてくれる。

【時計を巡る群像劇】シトロエンDSが思い出させた淡い恋心と、今、腕にあるブシュロン

対向車線をすれ違った瞬間、白いワンピースが風に揺れたような気がした。間違いない。そう確信し、サイドミラー越しに見たときには既に視界から消えていた。

白いシトロエンDS。

今ではすっかり街中で見ることはなくなったが、ユニークなフォルムを見間違えるはずはない。路肩に車を止め、目を閉じ、その残像を追っていると、不意につんとした青さが込み上げてきた。それは決して開けた窓から香ってくる、新緑の息吹だけではなかった。

子供の頃、近所の日曜絵画教室に通っていた。別に英才教育でもなんでもなく、わんぱく盛りの子供たちを相手に、美大に通う女子大生が教えるお稽古みたいなものだ。その家のガレージに置かれていたのが、白いシトロエンDSだったのだ。

一緒に通っていた友達は皆、庭に咲いた花や風景を写生したが、僕だけは飽きずにDSを何枚も描いた。まるで地球防衛軍の車のような見た目に魅かれたのだけど、そこにはどこか先生の気を引きたいという、ませた恋心もあったに違いない。

いつしか白いDSとマドンナのような先生のイメージは重なり、少年時代の淡い夢のような思い出になった。いや、それは今もひっそりと息づいているのかもしれない。

愛用する時計もそんな影響を受けている。

腕元のブシュロン「リフレ ウォッチ スティール ミディアム」は1947年に誕生し、現在も継続するブシュロンのアイコンウォッチだ。

カボションサファイアのリュウズを備えたシンプルな角形ケースにゴドロン装飾をあしらい、クラシックと建築やアートといった’50年代のモダニティが共存する。

もともとは男性向けの美しさを追求した時計として登場したが、やがて女性たちからも熱い視線が注がれるようになったのである。

そんな優美な流線形と、ジェンダーレスな魅力に惹かれるのかもしれない。それは同時代に誕生したシトロエンDSにも重なるのだ。かつて哲学者ロマン・バルトは、“DS”の発音がフランス語で女神を連想させることから、天空から降臨した女神にたとえた。いくつであろうとも男は女神に憧れるのだろう。

「どうしたの、あなた。大丈夫?」その声に束の間のまどろみから覚めた。助手席にも「リフレ」が見えた。

「いや、車に見惚れて」と答え、僕は再び走り始めた。


SSケース、縦35.5×横21mm、クオーツ。42万9000円/ブシュロン 0120-23-0441
BOUCHERON
ブシュロン/リフレ ウォッチ スティール ミディアム
創業家3代目のジェラール・ブシュロンがメンズウォッチとして1947年に発表。’50年代のモダニズムを先取りしたシャープな角形ケースに、ブランドを象徴するゴドロンのモチーフを配して演出する豊かな光の表現は、まさにジュエラーならでは。

さらに機能美を追求し、画期的なインビジブル クラスプ システムを採用。通常のバックルの代わりにケースの両端でストラップをスライドし、着用や交換が簡単にできる。昨今人気のインターチェンジャブル機構の先駆だ。

【関連記事】​​​​​​​: 【2021年】時計業界の新作発表は完全オンラインへ