記事一覧

オメガ「スピードマスター」のムーンウォッチがついにマスター クロノメーター化!

2021年1月5日、オメガはマスター クロノメーター規格に準拠したCal.3861を搭載する新しい「スピードマスター ムーンウォッチ マスター クロノメーター」を発表した。デザインはブレスレットを除いて、既存の「ムーンウォッチ」にほぼ同じ。加えてケース素材にはSSのほか、18Kセドナゴールドと18Kカノープスゴールドが用意された。風防の素材はサファイアクリスタルで、裏蓋もシースルー。しかし、SSモデルのバリエーションとして、「プラ風防」ことヘサライト(硬化プラスティック)製風防のモデルが残された。こちらのモデルは、あえてシースルーバック仕様ではなく、ソリッドバックとなっている。


オメガ「スピードマスター ムーンウォッチ マスター クロノメーター」Ref.310.30.42.50.01.002
最も標準的なSSケースにSS ブレスレットのモデル。1万5000ガウスの耐磁性能と日差0〜+5秒/日という驚異的な静態精度を誇る。風防は内面に無反射コーティングを施したサファイアクリスタル製。裏蓋も一部にサファイアクリスタルを用いたシースルーである。手巻き(Cal.3861)。26石。2万1600 振動/時。パワーリザーブ約50 時間。SS(直径42mm、厚さ13.18mm)。5気圧防水。5年保証。写真のモデルはSSブレスレット付きで77万円(税別)。
広田雅将(クロノス日本版):文
Text by Masayuki Hirota (Chronos-Japan)


1万5000ガウス耐磁、クロノメーター準拠のCal.3861
 新しいオメガ「スピードマスター ムーンウォッチ マスター クロノメーター」の大きな目玉は言うまでもなく、マスター クロノメーター化されたCal.3861にある。ベースとなったのは、1960年代後半にリリースされたCal.861。以降50年近くほぼそのまま作られてきたが、2019年には脱進機をコーアクシャルに改めるだけでなく、耐磁性能を1万5000ガウスに向上させたCal.3861に発展させた。Cal.861の後継機であるCal.1861とCal.3861の違いは以下の通りである。

・脱進機をスイスレバーから3層のコーアクシャルに変更
→等時性とメンテナンス間隔の向上

・耐震装置をニヴァショック(ニヴァガウス製)に変更
→非磁性素材の採用による耐磁性の向上と、衝撃からの復元性能の向上

・軸受けなどを非磁性素材のニヴァガウスに変更
→耐磁性の向上

・ヒゲゼンマイをニヴァロックスからシリコン製のSi14に変更
→耐磁性、衝撃からの復元性能の向上

・緩急装置にフリースプラングテンプを採用
→等時性、衝撃からの復元性能の向上

・一部輪列の歯形を変更
→トルク伝達効率の改善(クロノグラフ作動時のトルクロスは約 8%から約 2%に減少)

・香箱の変更により長くて高トルクの主ゼンマイを搭載
→パワーリザーブが約2時間延長

・テンワの慣性モーメントを13mg・cm2から24mg・cm2に拡大
→携帯精度の改善

 また外観にも手が入れられ、受けのエッジは深めのダイヤモンドカットに改められた。



オメガ「スピードマスター ムーンウォッチ マスター クロノメーター」Ref.310.30.42.01.001。
なんとオメガは、新しいスピードマスターに「プラ風防」のモデルを残してくれた。風防は昔懐かしいヘサライト製で、裏蓋もソリッドバックである。詳細は不明だが、耐磁性能を高めた結果、ムーブメントの耐磁カバーは省略されているはずだ。なお、サファイアクリスタル風防のモデルに比べて、ケースは0.4mm厚くなっている。価格も非常に魅力的。手巻き(Cal.3861)。26石。2万 1600振動/時。パワーリザーブ約50時間。SS(直径42mm、厚さ13.58mm)。5気圧防水。5年保証。写真の通り、「プラ風防」のモデルは、ストラップがレザーではなく、ナイロンである。64万円(税別)。
 Cal.861とその後継機であるCal.3861は、直径が27mmしかない。そのためコーアクシャル脱進機を載せるのは不可能と考えられてきた。しかし、香箱や歯形の変更などにより、オメガは大きく重いコーアクシャル脱進機をムーンウォッチに加えることに成功した。当初は生産性に難があったようだが、オメガはその問題をクリアしたようだ。

 なお、19年春、筆者はオメガ社長兼CEOのレイナルド・アッシェリマンから今後のスピードマスターの展開について話を聞いた。その際、彼は「今後、ムーンウォッチのムーブメントはCal.321とCal.3861のふたつになる」と断言した。つまり新しいムーンウォッチの登場により、Cal.1861 を載せた伝説的なムーンウォッチはディスコンになるはずだ。



Cal.3861
スピードマスターの新しい心臓が、マスター クロノメーター規格に準拠したCal.3861である。26石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約50時間。フリースプラングテンプ。シリコン製Si14のヒゲゼンマイ。1 万5000ガウスの耐磁性能。静態精度0~+5 秒以内。

【関連記事】:山口県の流行ファッション情報

コメント一覧

精密ブランド時計雑談 URL 2021年08月06日(金)16時00分 編集・削除

彼氏や旦那さんに贈るプレゼントとして、常に上位にランクインするのが腕時計。